妊娠中のWobenzym
Anonim

妊婦の治療のための薬の選択によって、婦人科医は非常に慎重であることが知られています。 原則として、治療を処方して、医師は胎児の発達と女性の健康への危険度を考慮に入れようとします。 しかし、今日では合併症を伴わずに妊娠が進むことはめったになく、そして何らかの方法で、それは薬を処方することが必要です。 しかし、可能なだけではなく、妊婦が服用する必要がある薬もあります。 これらの薬は間違いなくWobenzymです。
この薬は植物と動物の両方の起源の酵素の複合体を含み、それらは体の多くの過程に関与しています。 キモトリプシン、トリプシン、リパーゼ、アミラーゼ、パンクレアチン、ブロメライン、パパインおよび微量元素ルチンのような酵素の組み合わせは、薬物を臨床現場で広く使用することを可能にする。 Wobenzymは微小循環と血液粘度に有益な効果を持ち、抗浮腫、抗炎症と免疫調節効果を持ち、栄養分と酸素を持つ組織の供給を高めます。
多くの病気で酵素の複合体を使用してください。 例えば、リウマチ専門医は強直性脊椎炎、反応性および慢性関節リウマチ、血管炎の患者にこの薬を処方します。 この治療法は、多発性硬化症、潰瘍性大腸炎、クローン病、血栓性静脈炎の治療、気管支肺疾患および皮膚疾患の治療、ならびにさまざまな炎症プロセスで広く使用されています。
妊娠中に処方された薬は何ですか?
妊娠の後期から始まる私たちの時代にはしばしば、子癇前症(遅発性中毒症)などの手ごわい合併症があります。その徴候には、圧力の上昇、吐き気、浮腫の出現が含まれます。 この場合、産科婦人科医は、原則として、総合治療の一部としてWobenzym薬を処方します。 必要な体の酵素の組み合わせは、あなたが子癇前症の症状に対処するのを可能にして、血圧と実験室パラメータを正常化します。 妊娠中のWobenzymは治療だけでなく、特に流産の危険性がある場合には、重要な時期にこの合併症を予防するためにも処方されています。


さらに、妊娠中のWobenzymは抗生物質を必要とする炎症性疾患の複雑な治療法に適応されています。 Wobenzym薬は、炎症の病巣への抗菌剤の送達を増加させるだけでなく、薬のより良い耐容性にも貢献します。 妊娠中や消化に問題があるとき、そして免疫調節剤としてもWobenzymが示されます。
免疫システムを強化し、多くの体の機能を正常化するために、医師は妊娠を計画するときにビタミンと葉酸と一緒にWobenzymを推薦します。 そしてもちろん、妊娠前に除去しなければならない慢性泌尿生殖器感染症の治療では、それらはまたwobenzymを追加します。
その薬は胎児に安全ですか?
推奨される使用法と投与量に従って、この薬は通常忍容性が良好です。 妊娠中のWobenzymは胎児の発育や女性の健康に悪影響を及ぼさない安全な道具であることが多くの研究によって確認されています。 さらに、この薬は、恐れることなく、母親を連れて行くことができます。 Wobenzymの唯一の禁忌は、その構成成分に対する個人の不耐性、または酵素製剤に対するアレルギー反応の履歴です。 それにもかかわらず、妊娠中のWobenzymは、他の薬と同様に、主治医の監督の下でのみ服用されるべきであることを忘れてはなりません。