小児におけるカタル性ののどの痛み。 カタル痛ののどの痛み:抗生物質治療、レビュー
Anonim

多くの現代の両親は、しばしばカタル狭心症のような子供の病気に直面し(この病気を伴う喉の写真は様々な医学文献で見ることができます)、そしてそれが何でありそしてそれをどのように治療するのか知りません。 寒い季節には不快な症状が現れることがあります。 夏と比べて子供の免疫力が低下し、多くのビタミンが消費され、一日中いつでもアクティブなレジャー活動に有利な条件がある秋と冬に、この病気の特別な悪化が観察されます。

小児のカタル性ののどの痛みは、ウイルス感染の背景に対して、また低体温によっても起こります。 この形態の症状はそれほど危険ではなく、治療の措置が間に合わなければより深刻な形態に変わる可能性がある炎症過程の初期段階のみを特徴付ける。

カタル狭心症とその原因

この疾患の主な原因物質は、病原菌、ウイルス性微生物、ブドウ球菌および連鎖球菌です。 喉頭の炎症過程は、虫歯、副鼻腔炎、中耳炎、アデノイド、さらには過労および体制の侵害の結果であり得る。 したがって、何らかの対策を講じる前に、医師の診察を受けてのどの痛みの原因を突き止めることをお勧めします。

疾患の存在の医学的指標は、鼻水がない場合の口渇、扁桃腺肥大、および喉頭の鮮やかな色です。 気管の炎症は、高熱とリンパ節の腫れを伴うことがあります。 治療はほとんど常に抗生物質を服用することに基づいているので、子供のカタル性ののどの痛みは大人よりはるかに難しいことは注目に値します。

子供の狭心症はどうですか

子供と大人の間のカタル狭心症の流れの特徴は大きく異なります、そのため多くの母親と父親は状況を悪化させて、時間内に狡猾な病気を認識することができません。

狭心症に対する主な予防策は、頻繁に新鮮な空気の中を歩き回り、免疫力を高めるために硬化させること、身体を身体的に整えることです。

幼児や幼稚園や公共の場所では、浮遊する飛沫による拡散により、子供が細菌を捕まえて病気になることがあります。

小児のカタル性のどの痛みは、回復後すぐに免疫力を高めるための最も厳格な予防策を採用した最初の合図です。 彼らは関節炎、腎臓病や心血管系の開発につながる可能性があるため、喉頭の炎症に応答することはできません。

あなたはそれから簡単に削除することができますだけでなく、真っ赤な喉頭の上に粘液膜の存在によって子供のカタル狭心症の発症に気づくことができます。

喉の痛みの徴候の発生の間、子供はベッド拘束、頻繁で豊富な暖かい甘い飲み物、ならびに子供だけを対象とした抗炎症スプレーによる喉頭の治療を必要とします - 担当医は患者を診察した後それらを診察するべきです。

のどの痛みについてのKomarovsky

よく知られている賢い医者Komarovskyは、カタル性狭心症を突然で急激に流れる病気として特徴付けます。 ウイルス性疾患は空中飛沫によってキャリアから伝染することがあります。 体が弱くなった場合は、特に赤ちゃんがまだ風邪をひいても回復していない場合は、連鎖球菌の発症には最適な環境です。

Komarovskyは、患者への応急処置の正しい措置により、すべての両親を病気の簡単な経過の方向に向かせます。 両親がそのような診断をのどの痛みとして扱うことを怠ると、Komarovskyは、後で子供の体内に多くの合併症(腎臓、心臓、関節、その他多数の病気)が発症する可能性があると述べています。

カタル狭心症の治療

それで、どのようにカタル痛の喉を治療するには? それを取り除くための主な規定はベッドの抑制と暖かい飲み物のたくさんです。 患者がより多くの水分を摂取するほど、治癒過程は早く始まります。 喉の痛みが体温がない状態で流れ、子供の食欲が生じた場合、喉頭に痛みを生じさせないように少量ずつ、できればこすった食物を与えなければなりません。 この状態が考慮に入れられないならば、子供はのどの切断痛の恐れを犠牲にして全く食べることを拒否するかもしれません。

狭心症のために服用する必要がある薬

病気の発症の最初の、時機を得た、検出された段階の間に、炎症プロセスは併用薬ビセプトール、セプトリン、バクトリム、ストレプトシドの助けを借りて停止することができます。 子供の体温が上昇している場合は、Paracetamol、Ibuprofen、Nurofen、またはAspirinを服用して治療を始め、その後Loratadine、Suprastin、およびジアゾリン、タベギル。

薬は子供を診察して診断を下した主治医によって処方されるべきであることを忘れないでください。

赤ちゃんの免疫をサポートするために、ビタミンCの含有量を間違いなく家の中で入手可能な、ビタミン化複合体を独立して彼に与えることができます。

医者を呼ぶとき

子供が喉の痛みをつかんだことに気づいていない多くの親は、それが赤ちゃんの健康に関連した不快な驚きを提示し始めたときに必要な措置をとることができません。 そのため、炎症過程の進行によって状況が悪化しないようにするために、次のような場合および次の症状がある場合は医師の家に電話する必要があります。

  • 子供の喉頭の痛みは数日間消えません。
  • 赤ちゃんは食べたり飲んだりしません。
  • 体温の上昇を抑えることは不可能です。
  • 喉の壁は白と黄色の斑点で覆われており、粘液の拒絶に似ていた。
  • 子供の声がきつくなり、震え上がった。
  • 患者が食べ物を飲み込んで呼吸することは困難です。

回復が早い場合は、すぐには幼稚園や学校に通わないでください。治療がそれほど速くない子供のカタル痛の喉は、免疫システムを著しく侵害します。 弱体化した体は再び病気を拾うことができます。 回復期間中は、睡眠パターンや新鮮な空気の中を歩くこと、そして健康的で軽いダイエット製品で飽和している食事には細心の注意を払う必要があります。

私はこの病気に抗生物質を服用すべきですか?

小児にカタル性ののどの痛みがある場合、医師は治療法(抗生物質)を処方するべきです。 しかし、幼児や就学前の年齢の子供にとって抗生物質は望ましくありません。 彼らの任命に関する決定は、喉頭の炎症過程の原因物質を決定するためのテストの後に医者によってなされます。

小児のカタル痛ののどの痛みにはしばしば痛みが伴いますが、これはHexoral、Faringo-spray、およびOraseptのスプレーで除去できます。

炎症からオークの樹皮、カモミールとセージに基づいて作られたスープを取り除くとすすぐのに役立ちます。 患者の症状を軽減し、扁桃腺をヨージノール溶液で治療することができます。

喉の痛みが発生した場合、子供に熱い食べ物や飲み物を与えてはいけません。また、暖かい湿布を喉に塗る必要があります。これは血流を引き起こし炎症を増加させるだけで、病気の合併症を引き起こします。

カタル性狭心症を克服するのに優れたヘルパーは、ラズベリージャムと自家製ライムティーで、蜂蜜を少しずつ加えたものです。

狭心症で洗い流し、どんな解決策を準備できるのか

以下の解決策が示されています。

  • マンガン - わずかにピンク色の水のガラス。
  • アルカリ塩 - 小さじ1杯のソーダと小さじ1杯の塩を250mlの水に溶かす。
  • 海 - 小さじ1杯の海塩がコップ一杯の水に溶けます。
  • 水素 - 1杯の過酸化水素が1杯の水に溶けます。
  • ハーブ - ミント、カモミール、セージ、タイム、ライムのチンキ剤。

狭心症の治療に欠かせないツールは、大根、蜂蜜、そしてプロポリスです。

結論として、起こりうる合併症について

小児のカタル性のどの痛みは、治療が間違った時期に処方された場合に最も深刻な結果に変わる可能性がある潜行性の病気です。 これらは、ごくわずかな低体温、慢性扁桃炎、リウマチ、および心血管系の機能障害を伴う、喉頭の炎症過程の発達の頻繁な繰り返しの発生であり得る。

このようなことが病気の後に子供の体に起こったら、あなたはすぐにテストとECGのために診療所に連絡するべきです、そして、あなたは決して子供のために採用された予防接種スケジュールに従って予防接種とMantouxすべきではありません。