ルビーウェディングおめでとうございます:アイデア、写真
Anonim

この日付はステータスです。 ルビーウェディング、おかしな、またはおかしなお祝いは、嫌悪の明示または率直な尊敬の欠如と見なされます。 中世の西ヨーロッパでは、この休暇を祝う配偶者への冗談は侮辱とみなされ、決闘への挑戦の理由でした。

ルビーの結婚式は家族の40周年記念であるため、そのような深刻さはまったく偶然ではありません。 その言葉はただ大きいだけでなく、一生に等しいです。 世界でこの日付のシンボルがルビーになったのも不思議ではありません。ダイヤモンドに次ぐ価値があります。

お祝いに飲むのが習慣です。

最高の赤ワインのように味付けされて、愛の象徴としてこの石をしばしば賛美します。 ワインはロワール渓谷で今日まで保存されている一つの美しい伝統と関連しています。 この日、夫婦が結婚した年の収穫からのワイン樽が地下室から出ました。 つまり、40歳の飲み物がごちそうに出されました。 最初の眼鏡は配偶者でいっぱいでした。 そして夫婦のメガネ自体はルビーではめ込まれていました。

昔ながらの赤ワインは、フランスのお城の端だけでなく、世界中のテーブルで楽しめます。 このお祝いでは、強いアルコール、白ワイン、または安いテーブルの種類は受け入れられません。

それはアルコールを与えることは可能ですか?

ロワールの銀行から来た伝統はプレゼントを選ぶのに良い考えです。 ルビーウェディング当日の贈り物、おめでとう、美しい言葉は両方の配偶者に宛ててください。

さらに、贈り物は祝われる日に対応している必要があります。つまり、そのような日にベッドセットなどを贈ることは不適切です。 しかし、良いワインのボトルはすべての規則を満たしています - 2つはそれを飲むでしょう、そしてそれは完全に日付の意味を強調するでしょう。

もちろん、そのような贈り物の選択に近づくことは責任があるべきです。 第一に、ワインは40歳より「若く」てはいけません、第二に、それは赤でなければなりません、そして第三に、最初は普通で、決め付けられます。 良い選択はボルドーかボジョレーでしょう。

そのような贈り物のコストはそれを取得する前にソムリエと相談するのが理にかなっている、十分に大きいです。 この職業の男はすべてのサロンでシングルとエリートの「神々の飲み物と一緒に腹のボトル」を販売しています。 店は機会に適したワインを提供することができるがそれほど有名ではないブドウ園で生産されることは可能である。

もちろん、いかなる状況下でも、あなたはその付属文書を見ずにそしていかなる保証もなしにインターネットを介してそのような贈り物を注文することができません。

テーブル設定に機能はありますか?

ルビーの結婚式は、高価で保守的な贈り物の存在を示唆するお祝いの言葉で、テーブルセッティングにいくつかの特徴があります。

もちろん、白と組み合わせて存在するのはルビー色の色合いだけです。 これは、40年前に行われた結婚式を象徴し、現在の時制での祝賀は、配偶者がどれだけ長く生きてきたかを強調しています。 金色の部分の使用は許容されますが、それらは一般的な色域に勝るべきではありません。

配色に加えて、テーブルクロス、ナプキン、カトラリー、皿自体の素材も重要です。 使い捨ての紙ナプキン、安価な合成テーブルクロス、グラスファイバー製のグラスなどは使用しないでください。

料理はできますか?

両親のルビーウェディングのおめでとうは、食器で補完されるかもしれませんが、あなたは日付の詳細に従ってそれを選ぶ必要があります。 カトラリーや他のサービングアイテムにも同じことが当てはまります。

重要なのは、見た目だけでなく素材も重要です。 私たちは、贈り物が二人の人に贈られ、共有を意味することを忘れてはなりません。 贈り物のための良いアイデアはテーブルクロスやtureen、料理、全体の大規模なサービスになります。

メニューに何か機能はありますか?

ルビーの結婚式、おめでとう、これは原則としてルビーとこれらの石とのさまざまな比較を意味しますが、料理の選択を含むお祝いを組織するための同様のアプローチを意味します。

唯一のことを除いて、特別な指示はありません - すべてがお祝いのメインカラースキームに従属している必要があります。 つまり、皿自体の装飾とそのパレットは、テーブルの配色に似ています。 緑色や他の色の豊富さは許可されていません。

朝食や昼休みなどに食事を準備してテーブルを設定するときは、ビートの花や色のテーマに合ったものでグリーンを代用できます。

食用にすることは可能ですか?

一見すると完全にばかげているように聞こえる質問は、実際には肯定的な答えを持っています。 ルビーの結婚式、高価でしっかりした贈り物を含むおめでとう、イベント、状態、しかしそれでも - 休日。 この日の主なことは前向きな感情です。

製品の形でのプレゼンテーションのテーマは、ファンタジーの現れのための多くの機会を切り開きます。 これも良い選択肢ですが、スモークイノシシを買うことに自分自身を制限しないでください。

コーカサスでは、この日付のお祝いに関連した素晴らしい伝統があります。 配偶者は、小さくても熟したザクロの2つの小片に入れられます。 彼らは交互に穀物を摂取して、そして食べる前に、彼らの半分について良い何かを言います。 それは何でもありえます - 賛辞、記憶、性格特性の下線を引くこと。 そしてそれはザクロが完全に食べられるまで続きます。 そのあとゲストが贈り物をするようになります。 記念日が失敗した場合は、子供たちや孫が彼らの援助に来ることができます。 結局のところ、ザクロが正しい言葉で最後まで食べられていない場合 - 贈り物はありません。

この伝統は、休日プログラムに含まれているかもしれません。それはあなた自身のお祝いの要素です。 もちろん、手榴弾全体が耐えられない、それは十分に長いですが、アイデア自体は実装することはかなり可能です。 そして「食用」の贈り物として、もちろん腐りにくい、望みの色範囲の製品のピラミッドを提示することは全く可能です。

モスクワのレストランでは、贈り物として、シェフがリンゴ、ザクロ、イチジク、ナッツなどのエジプトの宮殿のモデルを作りました。 このプレゼンテーションの「基礎」にはエジプトへのチケットがありました。

私は詩を祝福する必要がありますか?

贈り物の贈り物には、いつもあたたかい言葉と願いが込められています。 例外もルビーウェディングもおめでとうございます。 詩では、美しい言葉はより簡単に知覚され、それらはより厳粛に聞こえます。

ただし、このお祝い方法は準備が必要です。 インターネットの最初の詩的な版を取ったり、古典を書き直す必要はありません。 1番目と2番目はどちらも基本としてのみ有効です。

既成詩は、それが失礼の表れであるという理由だけでなく、恥ずかしい状況の危険性が高いという理由でも使用できません。 お祝いには同じ詩を選んだ他の客がいるかもしれません。 もちろん、おめでとうを組み合わせることですべてを打つことができますが、気分は台無しになります。

これを避けるために、あなたは基礎としてあなたのお気に入りの行を取り、それらを変更するべきです。 難しいことではありません、そしてその結果、詩はユニークになるでしょう。

散文で何を言う?

ルビー散文結婚式のお祝いの言葉も事前の準備が必要です。 もちろん、あなたは単に健康、幸福、愛、そしてこれからもっと多くの年を願うことができますが、これは非常に誠実であり、その機会に完全には対応していません。

本やインターネットから何かとんでもないと言っても意味がありません。 まず第一に、そのようなお祝いでは、あなたはいつも偽りを聞くことができます。 第二に、休日の加害者は彼らに耳を傾けるのが退屈になるでしょう。

お祝いの言葉としては、たとえ話、乾杯、短い寓話があります。 コーカサス、イタリア、そして日本には、そのような種類の挨拶文の非常に豊かな伝統があります。 もちろん、あなたが好きな言葉を語りかける必要はありません、あなたは基礎としてそれらを取り、あなた自身のお祝いをするべきです。

伝統はありますか?

伝統はあらゆる休日、例外もルビーの結婚式にも伴います。 この日のおめでとうは、配偶者によって互いに独り言される温かい言葉で始まります。

多くの国でのこの記念日に、似たようなもののセットをあなた自身の結婚指輪に追加するのが通例ですが、ルビーで飾られています。 休日の主催者は、関係を登録するときに最初に着用していたものを削除し、新しいものを着用して、リングを簡単に交換する必要があるとよく主張します。 歴史的に、これは事実ではありません。

また、結婚式のセットを削除することはできません - これは悪い兆候です。 さらにルビーの指輪も着用されています。 しかし、それが行われている方法では、統一された処方はありません、自分の欲求から進むべきです。

あなたは朝食でお互いにそれらを持って来るか、厳粛なごちそうの間に結婚式を思い出させる美しい儀式を手配することができます。 あなたは反対側の結婚式の手の指またはそれらの上に指輪を身に着けることができます。

これが記念日の主な伝統です。

日本では、この日付に関連した非常に美しい習慣があります。 配偶者はチェリーを食べ、地面に穀物を植えます。 植栽は必ずしも庭で行う必要はありません、あなたは美しく、適切に装飾された鉢にすることができます。

デザインに風船を使用することは現在慣習的になっていますが、それらは常に適切とは言えません。 ルビージュビリーの伝統は、ボールの中に「閉じ込められた」空気である無期限のシンボルの使用を意味するものではありません。 この日は、ルビー、白、金の色合いの活気に満ちた貴族の花で建物を飾るのが通例です。

もう一つの伝統は花に関連しています - 女性の手には、花嫁が身に着ける直径の4倍の花束があるはずです。 そしてボタンホールや男性のスーツの他の部分には、女性の花束に存在するあらゆる種類の花のブートニエールがあります。