1歳未満の子供で風邪の治療を独自に実施することは可能ですか?
Anonim

赤ちゃんが鼻づまり以外に気にしないのであれば、1歳未満の子供で鼻炎の治療を行う必要がありますか?

はい 鼻の混雑が乾燥した空気によって引き起こされるという自信があり、それが彼と地殻からのものであり、そして少量の排出であっても、赤ちゃんは鼻をきれいにしなければなりません。 乳児は口からは呼吸できません。 鼻づまりは、彼らが正常に食べたり眠ったりすることを妨げます。つまり、赤ちゃんの正常な機能が妨げられるということです。

乾いた空気のせいで頭痛が現れなかったことが明らかであれば、血管収縮薬や抗菌薬を頭の風邪から1歳までの子供に購入することは可能ですか?

まさか! 鼻水は、細菌によって引き起こされることがあり、ウイルス性またはアレルギー性を有することがあり、生理学的であることがある。 したがって、医者だけが薬を処方するべきです。

鼻炎治療戦略

彼らは小児科医に電話して薬を買いました。 鼻づまりと点滴をして赤ちゃんを連れて行くことができますか?

赤ちゃんの鼻水は鼻を洗うことなしには不可能です。 薬は粘液に吸収されず、意味がありません。 1歳までの子供の鼻炎の治療は鼻を洗うことから始まります。

まずすべてのアクセサリーを準備します。

  • ゴム電球。
  • 針なしの注射器。
  • 綿棒
  • 等張液 - アクアマリス、アクアロアなど。
  • ガーゼナプキン。
  • 薬;
  • 油混合物 - 酢酸トコフェロール、海クロウメモドキ油など。

赤ちゃんを直す手助けをする人がいるのが望ましいです。

子供は側面を向くべきです。 非常に注意深く、皮を棒で取り除き、それから石鹸をゴム梨で吸い取る。 等張液は最初に1つの鼻孔に投与され、次に他の鼻孔に投与されます - 赤ちゃんをシフトさせます。 子供の口は開いているはずです。 赤ちゃんが咳をしたならば、彼らは彼を彼の胃の上に置き、そして背中を軽くたたいた。

もう一度、浣腸は柔らかくなった内容物を吸い込み、そして薬はそれから落とされます。

粘膜が乾かないように、鼻腔の内縁を油性物質で滑らかにすることが望ましい。

1歳までの子供のための準備

1歳未満の子供の鼻炎の治療は、赤ちゃんのために設計された特別な準備で行われます。 それらは、指向性、抗菌性または抗ウイルス性、免疫増強性、抗アレルギー性および抗炎症性であり得る。

医者がこれらの低下を助言したとしても、指示は読まれなければなりません。 この薬は、年齢によって使用される組成によって異なります。

ほとんどの場合、医師はそのような薬を処方します。

抗菌剤

  • イゾフラ鼻腔スプレー。
  • エアロゾル「バイオパロックス」。

血管収縮薬

  • "ナチビン";
  • "バイブロシル";
  • 「ナザール - ベイビー」。

抗アレルギー

  • "Fenistil";
  • ジルテック

免疫力が向上します。

  • インターフェロン
  • 「グリフェロン。

抗炎症剤:

  • "Protargol"

伝統医学のコツを利用できますか

カモミール、アロエ、キンセンカエキス、シーバックソーン軟膏、ローズヒップ軟膏など、1歳未満の子供に鼻炎の治療を実施するのはとても良い方法です。 通常、医師はどの治療法を接続するのが最善かをアドバイスします。 赤ちゃんの粘液は非常に穏やかで、アルコールの薬があってはいけないことを忘れないでください。 すべてのスープは水ベースで作られています。

薬局で買うのが望ましいハーブ。 箱にはいつもどのように適切に薬を作り、子供の風邪を治療するかについての指示があります。

1歳以上 - 年齢はお母さんにとってもかなり面倒ですが、赤ちゃんはすでに鼻をかむ方法を知っています、あなたはあなたの鼻を洗う必要はありません。

幼児の鼻炎を治すことが必要なはずです。 乳児の耳道は水平であり、鼻水は中耳炎の形で炎症を引き起こす可能性があります。 そして、この病気を取り除くことははるかに困難です。