妊娠中の女性はアルコール、コーヒー、牛乳を飲むことができますか?
Anonim

妊娠は女性の生活の中でユニークで忘れられない時間です。 独占と無制限の喜びの意味で子供を待つの9ヶ月を変える方法は? これに難しいことは何もありません、1つは懸命に働けばよいだけです。 将来のミイラはさまざまな問題に直面し、多くの疑問が生じます。そのうちの1つは、「妊娠中の女性がこれを飲むこと、またはその飲み物を飲むことは可能ですか」です。

妊娠中の飲酒は一日にどのくらい流動的ですか?

水の働きは、体の細胞への栄養素の供給、有害な老廃物の除去です。 妊娠中のその重要性は高まります:子宮内では、赤ちゃんの体は90%の水分で、羊水に囲まれています。

水は助けます:

  • 消化管を正常化し、体を清潔にします。
  • 水収支を正常に維持する。
  • 便秘や中毒症を防ぎ、圧力を下げ、浮腫の発生を防ぎます。

妊娠中の女性は、1日に少なくとも1.5リットルの淡水を使用するか、またはレモンを添加することができます。 妊娠中の女性は工業用ジュースやソーダを飲むことができますか? 回答:お勧めしません。

お茶とコンポート - 主な量の水は朝と夕方の時間に、そして昼間に飲むのが良いです。 これは浮腫の出現を防ぐでしょう。 彼らが彼ら自身を知らせたならば、最も良い解決策は日中に醸造クランベリーかレモンで水を飲むことです。

妊娠中の女性は緑茶を飲むことができますか?

お茶は違いますが、淹れ方とその強さによって大きく異なります。 これらすべてを理解するのは簡単です、あなたはどの品種が将来の母親と赤ちゃんに最大の利益をもたらすかを知る必要があります。 妊娠中の女性のためのお茶は飲むことができますが、虐待することはできません。

黒は、テオブロミン、ビタミンB、PP、C、K、カルシウム、カリウム、マグネシウム、リン、フッ素の含有量に役立ちます。

妊婦が緑茶を飲むことは可能ですか。 はい、でも大丈夫です。 それは葉酸の吸収を防ぐので、週に2-3回ミルクと一緒によく飲んでください。

エキゾチックな白の品種は適しています、それはほとんどカフェインを持っていません。 妊娠中の女性はローズヒップティーを飲むことができますか? それはビタミンと鉄を大量に含んでいるので、それもお勧めです。 スグリの実からのスープはよく証明されています、そのようなお茶は中毒症の間の悪心を和らげるのを助けます。

妊娠中の女性のためにコーヒーを飲むことはできますか?

統計によると、女性の多く - コーヒーを愛する人、彼らは切望された飲み物なしでは人生の一日を想像することはできません。 女性が子供を産む場合、彼女はこの習慣について、特に妊娠初期には忘れなければなりません。 調査によると:

•いかなる量のコーヒーでも胚の神経系の発達を妨げる可能性があります。
•妊娠中の母親が1日に3杯以上のコーヒーを飲むと、流産のリスクが60%増加します。
•コーヒーを大量に飲む妊娠中の女性は、胎盤への血流が減少するために問題が生じる可能性があります。
•母親によるカフェインの摂取は、子供に糖尿病を引き起こす可能性があります。
•まだ子宮内にいる赤ちゃんは心拍数を変える可能性があります。

時々医者は妊娠中の女性に少量のそして最低の強さでコーヒーを飲むことを可能にする。 しかし、それを完全に放棄し、すべての考えを将来の赤ちゃんの健康に向かわせる方が良いです。

そして、それが好きな飲み物なしで管理することが不可能であるならば、あなたはあなたの体を裏切ってチコリを飲みます。 この癒しの飲み物はコーヒーを強く彷彿とさせ、カフェインを含まず、多くの利点があります。

妊娠中の牛乳 いいか悪い?

将来の母親は、妊婦のために牛乳を飲むことが可能かどうかを心配しています。 可能であれば、子供に害を与えないように、その量はいくらですか。

心配する理由はありません。 妊娠中に牛乳を飲む必要があります。 それは栄養素を持っています:

•タンパク質は筋肉の構成要素です。
•神経系の形成に関与するアミノ酸と脂肪酸。
•カルシウムと鉄 - 骨格の構築に参加する。
•微量元素とビタミン。

したがって、牛乳を毎日の食事に含める必要があります。 禁忌 - 個人の不寛容のみ。

妊娠中のノンアルコールワインとビール

お祝いテーブルに座って、シャンパンがグラスに輝くとき、おお、あなたはあなたの手の中に輝く水でグラスを握りたくない。 ノンアルコールワインとビールは救助に来るでしょう。 そうではありませんか?

妊娠中の女性はノンアルコールのワインとビールを飲むことができますか? コンセンサスはありません。 子供を連れて行く間の安全な栄養に関する勧告では、これらの飲み物は禁止されているのリストに含まれています。 しかし何人かの医者はヘモグロビンのレベルを維持するために高品質の赤ワインを少し飲むように忠告します。

あなたが選ぶものは何でも、アルコールを乱用しないでください。 害は投与量に依存し、アレルギー反応が起こる可能性があります。 あなたが妊娠しているならば、上質の製品を選んでください、時間を節約してください!

妊娠と薬

統計によると、少なくとも1回は9ヶ月間妊娠中の女性のほぼ80%がピルを飲んだ。 それらのうちのいくつかは薬局で買いました、他は彼らが家で見つけたそれらを使いました。 「妊娠中の女性がピルを飲むことは可能ですか?そうでなければ、その理由は何ですか?」という疑問が生じます。

妊娠中の女性は薬を制限する必要があります。 これには糖尿病患者は含まれません。 医師の監督の下で、彼らは妊娠のさまざまな段階で独自の用量を持っているインスリンを受け取る必要があります。

妊娠中の母親が病気になった場合、どうすればいいですか? 主な規則は次のとおりです。ピルや他の薬を飲む前に、あなたは医者から許可を得なければなりません。 どんな薬でも多かれ少なかれ有害です。

将来の母親はその瞬間に彼女のまだ生まれていない子供だけでなく、彼女自身についても考えるべきです。 妊娠中、体は再構築され、肝臓と腎臓は異なるモードで働き、薬物感受性が高まり、そしてアレルギーが始まることがあります。

妊娠について学んだので、健康をもっと注意深く扱う必要があります。 これは薬の必要性を排除します。 重要:自己治療はありません!

妊娠中の女性のための有用なヒント

さらにいくつかの規則:

•重いものを持ち上げないように注意してください。
•喫煙、コーヒー、アルコールの摂取は不要です。
•1日4時間以上コンピュータの前に座ってはいけません。
•緊張が少ない。 妊娠中のバレリアンを飲むことはできますか? 時々ピル - 2を服用することは許されますが、アルコールチンキは服用できません。
•薬なしでやるようにしてください。
•より多くの乳製品や牛乳を消費する。

ママになる準備をしている女性は二重に美しいです。 素晴らしい輝きがそれらから発せられます、これのすべての理由は彼らが彼らの心の下に赤ちゃんを持っているということです。 すべてが安全に解決され、小さな奇跡が健康に生まれます。