妊娠32週での胎児の正常体重はいくらですか
Anonim

妊娠32週までに、赤ちゃんは子宮内で安定した地位を取り、徐々に出産に備えます。 この間、動きは以前ほど活発ではありません。 これは私の母親の胃の中にますます少ないスペースがあるという事実によるものです。

妊娠年齢

待望の出産のアプローチで、各女性は発症前の日数を数え始めます。 しかし、すべての母親が自分たちの正確な用語を完全に理解しているわけではありません。 伝統的な月周期の32週間は7ヶ月に相当します - これは正しいでしょう。 しかし、医学では、このカウント方法は使用されていません。

産科月は28日に含まれています。 その結果、妊娠32週は母親が8か月であることを意味します。 超音波検査用のカードおよび医師の記録に示されるのはこの期間です。
産科と一般月の月を混同しないでください。 医師は常に妊娠期間と出産予定日をカレンダーに記載しています。 したがって、赤ちゃんが生まれるまで、正確に2つの産科月が残ります。

32週目の子供の体重

この日までに、胎児はすでに2000gに達することができます、しかし、これはすべてのケースで良い兆候ではありません。 専門家によると、妊娠の32週での胎児の体重は、その標準は1800グラム以内でなければならない、さまざまな要因によって異なります。
最後の学期中に、母親が強く病気になり抗生物質を服用することに頼った場合、それは小さな逸脱を待つ価値があります。 この場合、32週での胎児の体重(標準)は1600〜1700 gになりますが、最適な体重を得るためにはまだ時間があるため、このような偏差は子供にとって重要ではありません。 しかし、母親は栄養とビタミンサプリメントの世話をする必要があります。
注目に値する:女性が大きな体型と壮大な体型を持っているならば、胎児の体重(32週)、その割合は1800から2100 gまで変化することができます。 母親がそれ自体が薄くて小さい場合、彼女の子供はいつもより少し小さいかもしれません。 それはすべて順不同です。 胎児の体重は母親の生理機能に直接依存します。

またこの面で、女性のホルモンの背景は重要な役割を果たします。 そのレベルが標準から逸脱している場合は、胚の体重は1800年の推奨体重とは異なります。乳児の発達と成長は母親のライフスタイルによって影響を受けます。彼女の悪い習慣、衛生、栄養、そして養生法。
さらに、専門家は妊娠が非常に早い年齢(32週)で始まる場合の規範からのいくらかの逸脱に注意します:胎児は1400gより重くならない可能性が高く、背骨の長さは35cm未満であるかもしれません。 これは、15歳未満の女児に妊娠が起こる場合に当てはまります。

32週の胎児発育

この時点で、赤ちゃんの成長は43センチメートルに達することができ、その体重は1700〜1900グラム以内にすることができます32週で、子供はすでに逆さまになっており、彼の足は母親の肋骨の上で休んでいます。 8番目の産科月から、胎児の動きは妊娠中の母親にかなりの不快感を引き起こす可能性があります。
この時期に、赤ちゃんはすでに完全に形成されています。 今彼は彼の覚醒と睡眠体制さえ持っています。 それは注意すべきである:出産に近いほど、子供はより長く安静になっている。 統計によると、彼は時間の90%まで眠ります。

生理学の観点からは、妊娠32週までに赤ちゃんはすでに比例しています。 彼の足と腕はふくよかになり、彼のしわは滑らかになり、彼の肌は弾力性を得た。 この時までに母親の胃の中にはごくわずかなスペースしかないので、子供は胎児の位置にとどまることを余儀なくされました。 このため、新生児はしばしば曲がった丸みを帯びた足を持っていますが、近い将来には、彼らは自分自身をまっすぐにします。
32週で、胎児はほぼその発達を完了しました。 成熟し続ける唯一の臓器は肺です。 大脳皮質はすでに脳で覆われており、活動サイクルが形成され、さらに神経反射も形成されます。 早産の場合、子供は環境に対して感情的に反応することができます。 この時点で、視覚器官はそれを比較的よく見ることを可能にし、瞳孔は光の明るさに応じて拡張および収縮する。

32週での妊娠体重

その期間を通して、女性は急速にポンドを稼いでいます。 この事実は混乱させてはいけませんが、通常体重と過剰体重、過剰体重を区別することが重要です。 妊娠の終わりまでに、総体重の増加は16-17 kgを超えてはいけません。
32-33週に関しては、胎児の体重はすでにかなり大きいです。 したがって、母親はまだ回復します。 それで、この時までに妊婦の体重の最適な増加は12 kgです。 当然、それはすべて女性の元の体格によります。 一般に、32週間での通常の増加は10〜15 kgの体重になります。

この指標に偏りがある場合は、食事の変更に注意を払う必要があります。 まず第一に、それは彼女の体の形や胎児の発達に直接影響を与えるのは母親の食べ物である、それ故にそれは過食することはお勧めできません。 食べ物を少しずつ食べるのが良いですが、もっと頻繁に。 また食事療法でより多くのタンパク質(家禽またはウサギ)を含める必要があります。 栄養士はしばしば妊婦への魚や乳製品の一日量の増加を処方します。

32週の腹

多くの女性が肋骨の激しい刺激と乾燥肌を訴えています。 これは、妊娠32週での胎児の体重が母親の体にとってすでに不可欠であるという事実によるものです。 その重量の下で、皮膚はひびが入るかもしれません。 ストレッチマークが最もよく見られます。 これらすべてが腹部に深刻な不快感をもたらします。
ストレッチマークとひび割れは、へその下と太ももの上に最初に形成され、次に肋骨と背中に現れます。 赤ちゃんが大きくなればなるほど、皮膚が刺激されるようになりますが、それを気にする必要はありません。 妊娠中の女性を助けるためにジェルとクリームの保湿と引き締めの様々なサービスを提供します。

32週のこだわり

このときの不快感は肌だけに限らない。 妊娠が32週であるとき、胎児の体重は妊婦の内臓の配置において重要な役割を果たします。 赤ちゃんが重いほど、腎臓や膀胱への圧力が強くなります。 多くの場合、女性の内臓は一時的に変形し、横にも移動します。

32週目の胎児の体重が正常値を超えると、ママは横隔膜や肺に圧力をかけ始めます。そのため、息切れや新鮮な空気を常に必要としています。 また、この時点で、子宮は胃や腸に圧力をかけ始めているので、胸焼けの便秘や発作はかなりありそうです。 妊娠中の女性の最後の学期の最も繊細で一般的な問題の1つは分娩まで悪化することがあります痔です。

32週間での超音波検査

8番目の産科月の終わりまでに、妊婦は超音波検査を計画されるべきです。 超音波では、最初のステップは、胎盤の状態だけでなく、子供の全体的な発達を評価することです。
これは、赤ちゃんが生まれる前の最後の、しかし1つの定期検査です。 それの間に、胎児の体重が評価されます(32週 - 標準は1.8 kg以内)、身長(40-43 cm)、四肢と内臓の寸法。 すべての病状は初期の超音波で検出され、そして今子供の一般的な状態と子宮内での彼の位置が調べられます。
この日までに、赤ちゃんは子宮の中にひっくり返されなければならないので、後で出産は事件や手術なしで成功することができます。 子供が誤って回転した場合、婦人科医は母親に毎日特別な運動をするように勧めます。 これは、胎児の平均体重が32週目に観察された場合、赤ちゃんを頭痛にさせるのに役立ちます。 この状況での規範は最大1.8 kgです。 32週での胎児の体重が1600 g以下であるならば、子供が小さくて出産の前に何度もひっくり返ることができるので、特別な運動の必要はありません。

子供がすでにこの集団に集まり過ぎていると、状況はさらに悪化します。 32週での胎児の体重が2 kgを超えていて、子供がひっくり返っている場合は、担当医によってのみ処方される特別な薬を使用することに頼る必要があります。 さもなければ、出産中の女性は帝王切開のような処置を必要とするでしょう。 この時点で超音波についての最終的な結論を出すことは価値がありません。

第32週:早い配達

妊娠のこの時までに、子供の生存能力は非常に高いです。 したがって、戦いが32週目に突然始まったとしても、あなたは恐れてはいけません。 練習が示すように、赤ちゃんは医師の監視のために初期段階で大部分の傷害を受けます、それ故それは良い産科医を見つけることが非常に重要です。
32週で胎児の体重が標準に達するなら、あなたは結果について心配するべきではありません。 この年齢で、子供は1.5 kgの体重で生き残ることができます。 32週での胎児の体重が標準よりもかなり高い場合、あなたは困難な出産の準備をする必要があり、それは手術をもたらすかもしれません。 いずれにせよ、それはすべて医療スタッフの資格に依存します。

何を恐れて

将来の母親が心配すべき主なことは病気にならないことです。 現時点では、わずかな感染やウイルスでさえ流産につながる可能性があります。 幸いなことに、乳児のすべての臓器はすでに形成されているので、この病気は発育に実質的に影響を及ぼしません。

望ましくない結果を招く可能性がある最も危険な疾患は、胎盤機能不全、遅発性中毒症および水分不足です。

お勧めのアドバイス

妊娠の32週ではあなたの背中や片側に横になって長い時間を過ごすことはできません。
それは辛いと揚げ物を食べることをお勧めしません。
病気の場合には、ハーブ療法のコースを渡さなければなりません。
4.夜になると、お腹の中の赤ちゃんをなでたり、子守唄を歌ったりして、ベッドの準備を整えて正しいモードに慣れるようにします。