磁器の花瓶:アクセサリーの説明
Anonim

花瓶は長い間インテリアを飾る。 最初の製品は、人が粘土、そして後で他の材料を扱うことを学んだときに登場しました。 残念ながら、正確な日付は不明ですが、装飾は異なり、色と材料の花瓶は中国と古代ギリシャで登場しました。 発掘調査中に発見された最も古代の製品は、紀元前3千年間に属します。 磁器製の花瓶は、4〜6世紀頃に中国で最初に登場し、それ以来、家を飾ってきました。

VAZの形式

これらのアイテムの生産開始以来、それらは大きく変化しました。 最初の製品は細長い容器の形で作られました。 時が経つにつれて、彼らは異なった、時には変わった形を作り始めました。 人気は広い中央で血管と花瓶を取得し、首に絞った。 この形態は、より大量の液体を収容することを可能にし、そしてそのより良好な保存を確実にした。 マスターの中には、自分たちの製品を足に乗せて持ち運ぶ人もいました。 これは大きいサイズのアイテムの使用を容易にしました。 また、彼らの首は花やヒルの形で作られました。 それはまた追加の装飾となり、それらの使用を単純化した。

花瓶の製造業者は異なった容器を作り出し、互いに異なっています。 彼らの想像力は彼らが人々が非常に喜んで買った傑作を作成することを可能にしました。 また、時間が経てば、マスターは大量生産を確立しました。 そのような花瓶は特別な形で違いはありませんでしたが、個々の生産の製品と比較して低価格でした。

材料

最初の船は粘土でできていました。 その後、マスターは他の材料を使い始めました。

これらが含まれます:

  • 木。
  • 磁器
  • プラスチック
  • 金属;
  • クリスタル。
  • ガラス

さまざまな材料が製品の強度と外観を向上させました。 磁器の花瓶は非常に壊れやすいですが、強化ガラスは血管をより強くすることを可能にしました。 プラスチックと金属の使用は花瓶を壊れにくくし、それらがはるかに長く役立つことを可能にします。 それはまた彼らに様々な形を与える機会を与えます、時にはそのような材料の花瓶は非常に珍しくて複雑に見えます。

通常金や銀の層で覆われた金属製の容器、それは彼らに珍しい外観を与え、アクセサリーは任意のテーブルの装飾として機能します。

色と模様

一番最初の製品は塗装されておらず、絵も描かれていませんでしたが、時間が経つにつれて装飾が始まりました。 着色された花瓶は非常に人気になり、バイヤーの間で需要がありました。 船長は船を明るく美しくしようとしました、それでそれはどんな家への装飾品にもなり、そして目に楽しいです。

花や動物の入った磁器の花瓶が人気でした。 芸術家はそれらをとてもよく描いたので、もし風が吹いたならば、花の花弁は揺れ始めたように思われた。

マスターはまた花瓶自体に異なった色を与えることを学びました。 彼らは白、赤、青、緑、緋色などにしました。 これはそれらを非常に明るくすることを可能にし、ドローイングと組み合わせて彼らは本当の芸術作品に変わった。

現代の花瓶

現代世界の中国の花瓶は買い手に人気があり続けています。 マスターは花瓶の製造に異なる材料を使用します。 基本的に、すべての生産はコンベアに置かれるので、それらの価格は安いです。 しかし、職人によっては個々の手作りの容器を製造しています。

今、あなたはどんな形や色の磁器の花瓶も買うことができます。 そのようなアイテムは、住宅だけでなく、オフィススペース、カフェ、レストラン、さらにはホテルさえも飾ることができます。

磁器、ガラスまたは他の材料で作られたどんな容器でもしばしば完全な芸術作品です。 花瓶はどんなインテリアでも変身させて飾ることができます。 彼らの助けを借りて、あなたは部屋の特定の場所に集中し、人々の意見を引き付けることができます。