金属を金属に接着するものを選ぶ
Anonim

日常生活では、さまざまな表面を接着する必要が頻繁にあります。 そして、多くの人が「金属と金属をどのように接着するのか」という質問に関心を寄せています。 特にこの問題は、溶接やリベットでは固定できない接合部に関係します。 何を選ぶ?

正しい構図を選ぶ

最初に、2つの金属面を固定するための接着剤組成物は非常に慎重に選ばれるべきであることを覚えておく価値があります。 現代の製造業者は、変化するものおよびそれらの用途の範囲に応じて、1つまたは2つの成分に基づく配合物を提供している。 多くの人がどのような接着剤を金属に接着剤で接着するかについて考えます。 今日利用可能な資金がたくさんあるので、この質問にはかなりの数の答えがあります。 どのような構成が使用されていても、次のことが重要です。

  • 材料の表面を適切に準備する、すなわちそれを清掃する。
  • 接着剤を正しく選択し、表面全体に均等に塗布して、溶接が弱くなる可能性がある構造を強化します。

現代技術の急速な発展のおかげで、金属部品を接続する方法を見つけることは非常に簡単です。 あなたはネジ接続、溶接またはリベットを通して工業的な組み立ての方法を使用することができます。

表面処理は重要なステップです。

あなたが金属を金属に接着する前に、あなたは表面の準備、すなわちそれらの洗浄と徹底的な乾燥の世話をする必要があります。 化学的脱脂に加えて、表面も溶剤で洗浄されている場合は、ブラシや布を拭く機械的処理を使用して汚れを取り除くことができます。 非常に多くの場合、錆のような酸化膜が表面に堆積しますが、これは脱脂では処理できません。 この場合は、最初に金属表面を機械的に清掃し、それらを脱脂してから、その後で糊付けに進むことができます。

金属を金属に接着する方法:手段のレビュー

ポピュラーな構成の1つはDublfixのブランド名で製造されており、ユニバーサル両面テープです。 これは、金属、木材、プラスチックなど、あらゆる表面に金属を接着することを可能にする革新的な材料です。 粘着テープの特徴は、不均一で湾曲した部分でもしっかりとしっかりと固定できることです。 DublKoteの粘着テープは、金属の接着に最適です。テープの下にある発泡材のおかげで、すべての溝を埋めながら、あらゆる表面の形をとることができます。 優れた順守率もこのツールの選択を支持しています。

ガラスを金属に接着することを選択する場合、DUBLFIXHIGHBOND高強度両面接着テープに注意を払ってください。 その両方の表面は普遍的なアクリル接着剤で処理されています。そして、それは広範囲の表面への優れた接着に貢献します。 湿度や温度変化に対する高い耐性により、テープを内外作業の両方で使用できます。

あなたはPermabond接着剤で2つの金属面を接着することができます。 それらはあなたがどんな材料でも組み合わせることを可能にし、そして接続は強くそして信頼できるものになるでしょう。 接着剤が均等に分散されているので、関節さえも完全に平らで滑らかです。 縫い目がきつくなるので、腐食があることを心配することはできません。 この材料の基礎はメチルシアナクリレートで、それを通してあなたは多くの材料を一緒に接着することができます。 ツールを正確かつ正確に適用する必要がある場合は、手動ではなく自動ツールを使用して実行できます。

エポキシ樹脂を使用する

金属を接着するための接着剤として、2つの成分からなりそしてポリマーに混合されるエポキシ樹脂を使用することは全く可能である。 それらは、接着結合の高い強度特性によって区別され、それは組成物があらゆる種類の金属表面に使用されることを可能にする。 しかしながら、それは耐摩耗性および耐湿性であり、そしてまた優れた物理的および機械的性質を示す。 今日、製造業者はエポキシ樹脂の幅広い組み合わせの組み合わせを提供しており、そしてそれぞれの目的のためにあなたは特定の組成物を選ぶことができます。

また、「スーパーエポキシメタルモーメント」接着剤を使用して、金属同士を接着することもできます。 その特徴は、鉄、アルミニウム、鋼、銅などの表面を接合するために化合物を使用することが可能であるということです。 エポキシベースは、継ぎ目が収縮したり膨張したりしないようにしながら、確実かつ確実に接着が行われるようにします。 このツールを適用するのはとても簡単です、しかし、あなたが金属に金属を接着する前に、あなたは最初にガソリンかアセトンを使って徹底的に表面をきれいにしなければなりません。 片面に樹脂を絞り、2番目の硬化剤にそれらを徹底的に混ぜる必要があります。 それから表面は注意深く接続されるべきです。

適用の規則

ほとんどの接着剤にはいくつかの注意が必要です。 そのため、手袋を使用し、目だけでなく肌にも組成物との接触を避ける必要があります。 結局、接着剤が手や目の表面に付着した場合は、水で十分に洗い流してください。 有効期限が過ぎた手段を適用する必要はありません。